49

11箇所のウィジェットスペース + 3つのTCDオリジナルウィジェット

ウィジェットを使うことで、コンテンツの入れ替えを楽に行うことができます。例えば、サイドバーに新規記事一覧を追加したいなら、「最近の投稿」ウィジェットを設置したい場所にドラッグ&ドロップすればいいわけです。

「INNOVATE HACK(イノベートハック)」では「トップページ」「アーカイブページ」「記事ページ」「固定ページ」「フッター(左)」「フッター(右)」「トップページ(スマホ専用)」「アーカイブページ(スマホ専用)」「記事ページ(スマホ専用)」「固定ページ(スマホ専用)」「フッター(スマホ専用)」と11箇所のウィジェットスペースがあります。

それに加え、TCDだけのオリジナルウィジェットも3つ実装しています。これらを使うことで、よりカスタマイズ性と自由度を高めたWordPressテーマとなっております。

管理者

投稿者の過去記事

管理者(記事下)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 30
    サイトがモバイルフレンドリーかどうかは検索順位にも影響する重要なものです。当テーマであれば、PC、ス…
  2. 04
    ロールオーバーした時の挙動で、デザイン性が大きく決まってきます。野暮ったいロールオーバーではどうして…
  3. 08
    当デモサイトはWordPressの投稿とテーマオプションやウィジェットの設定(=テーマの機能)のみで…
PAGE TOP