31

フッタースライダーを搭載。つま先まで手を抜かないレイアウト

フッターは意外と閲覧される重要なエリアです。特にあなたのサイトに興味を持っている訪問者ほど、フッターを閲覧します。

当テーマではフッターエリアにスライダーを搭載。ヘッダースライダーとは異なる動きで読者の目をさらに惹き付けます。

その他、フッターに必要な要素としては、ABOUTページや問い合わせページ、会社概要ページへのリンクですが、要するにどんなサイトなのかといった情報へのリンクがあると良いと言われます。また、広告を掲載しておくと広告効果も期待できますので、良いでしょう。

フッターできちんと情報を開示し、収益化も図る。こうした目的で当テーマのフッターはデザインされています。また、広告がたくさん表示できるレイアウトになっておりますが、これらもコンテンツと広告をクロスさせることで、悪印象を与えない設計がなされております。

管理者

投稿者の過去記事

管理者(記事下)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 30
    サイトがモバイルフレンドリーかどうかは検索順位にも影響する重要なものです。当テーマであれば、PC、ス…
  2. 04
    ロールオーバーした時の挙動で、デザイン性が大きく決まってきます。野暮ったいロールオーバーではどうして…
  3. 08
    当デモサイトはWordPressの投稿とテーマオプションやウィジェットの設定(=テーマの機能)のみで…
PAGE TOP