04

ロールオーバー時の絶妙なモーションが訪問者にインパクトを与える

ロールオーバーした時の挙動で、デザイン性が大きく決まってきます。野暮ったいロールオーバーではどうしてもネムイ印象を与えてしまいますし、ボタンの色がただ変わるだけでは古臭いイメージを与えてしまいます。

ヘッダースライダーやフッタースライダーのロールオーバーをご覧頂ければわかりますが、画像の絶妙な拡大率とスピード、そしてタイトルのスライドを体感したユーザーは、ひと目でセンスの良いサイトであることを悟ります。なぜそうなるのか。それは、ただ画像が拡大するのではなく、車が停車するようにスピードに変化を付けて拡大しているからです。これが同じスピードで拡大すればまた違った印象になります。どうなるかというと、「カクカク」した感じになるわけです。

このように「INNOVATE HACK(イノベートハック)」では、あらゆる要素のロールオーバーにこだわっています。だからこそ、最高峰のデザインなのです。

管理者

投稿者の過去記事

管理者(記事下)

伊野 花子

投稿者の過去記事

投稿者を複数設定することも可能です。(記事下)

ピックアップ記事

  1. 30
    サイトがモバイルフレンドリーかどうかは検索順位にも影響する重要なものです。当テーマであれば、PC、ス…
  2. 04
    ロールオーバーした時の挙動で、デザイン性が大きく決まってきます。野暮ったいロールオーバーではどうして…
  3. 08
    当デモサイトはWordPressの投稿とテーマオプションやウィジェットの設定(=テーマの機能)のみで…
PAGE TOP